O-Pアンカーアタッチメント

動いて咬めない、針金が見えて嫌だ、異物感が強くて入れていられない等、入れ歯に不満を持つ方は少なくありません。

そんな方の選択肢の一つにインプラントがありますが、骨の量や幅が少なかったり、骨密度が不足している等、条件が悪ければインプラントを植えることができません。

当院では、コーヌスクローネ義歯やアタッチメントと呼ばれる特殊装置を使用し、入れ歯の短所を改善、しっかり咬める入れ歯、入れ歯に見えない自然な入れ歯を作製しています。また、精度の高い入れ歯をいつも最適な状態に保つために、定期健診を行い、咬み合わせ、入れ歯の適合状態を検査・調整し、長く使っていただいております。

お気軽にご相談ください。

コーヌスクローネ義歯

コーヌスクローネ義歯

コーヌスクローネ義歯は、通常の入れ歯が針金(バネ)を残った歯にかけて口の中に維持するものとは異なり、歯に被せた内冠と入れ歯に取り付けた外冠が茶筒のようにはまることにより、入れ歯を維持・固定します。

針金がなく、入れ歯がブリッジのようにしっかり固定されるため違和感がなく、自然でしっかりと噛める入れ歯となります。
また、コーヌスクローネ義歯の特徴の一つの、弱った歯の2次固定効果により、歯周病が進行してぐらぐら動く条件の悪い歯も、長期にわたる維持が期待できます。

マグネット式入れ歯

マグネット式入れ歯

磁石式入れ歯は、針金の代わりに磁石の力で入れ歯を固定します。

小さくても磁石の力でピタット吸着し、入れ歯が落ちたり、口の中でガタガタ動くことがありません。残った歯はインプラントにも使用できます。

歯に有害な力が加わると、外れてすぐにまた元に戻るため、O-Pアンカーアタッチメントと同様に歯がグラグラになることや、インプラントを有害な力から守ります。

アタッチメント義歯

アタッチメントを使用した場合、入れ歯がカチッと精密に固定されてグラグラ動くことがありませんので、自分の歯のようにしっかりと咬むことができます。また、アタッチメントは入れ歯に内蔵され外から見えることがないため、入れ歯とは分かりません。

アタッチメントによりしっかりと入れ歯が固定されるため、入れ歯のピンクの部分(床)を極力小さくすることができるので、入れ歯を入れた際に違和感がなく快適に使用できます。

このようなアタッチメントは、金属でできた雄部と雌部が精密に組み合わされるため、歯科医師と技工士に高度なテクニックが要求されます。

アタッチメントを使用した入れ歯

アタッチメントを使用した入れ歯before

Before

部分入れ歯の針金が目立ち、前歯に自然感がありません。

アタッチメントを使用した入れ歯after

After

針金もなくなり、自然な見た目になっております。

ネット予約バナー

News & Topics

2017/02/14
ホームページリニューアルしました。